パナソニックホームズ(パナホーム)新築ブログ2018 イメージ画像
2018年にパナソニックホームズ(パナホーム)で東京都世田谷区に新築。3階建ビューノ3S(HS構法)。まだ実例が少ないエアロハスで人柱状態。かなり包み隠さず書いてます。

間取り

雨どいの色や軒天の種類、バルコニーの笠木をどうするなど細かい調整に入り始めた2018年1月、Yさんからこれらの事項について説明を受ける機会がありました。その中で2階バルコニーの出入り口についてYさんがわざわざ「こちらのバルコニーの出入りは跨ぐ形になります。」と説
『バルコニーには跨いで出ます~フラットバルコニー化とそのコスト①』の画像

エアロハス(の文句?)について続きを書きます。色々書いているのでどうして採用したのか不思議に思われる人もいると思いますが、2階より下は廊下を含めて快適な温度に調整してくれるだろうという期待、扉や間仕切りが少なくオープンな間取りが可能、新しもの好きという理由
『エアロハスは買いか?③~事業部って誰?』の画像

「エアロハスは買いか?」でも取り上げましたし、これまで複数回エアロハスで苦労したお話をしました。「ドラ息子」エアロハスの具体的な問題点は下記のようなポイントがあげられると思います。(昨日ひろさんから3階建て対応開始の情報が得られました。ありがとうございます
『エアロハスは買いか?②~エアロハスはドラ息子?』の画像

内装や設備の打ち合わせと並行して構造や間取りを詰めるためGさんから設計担当者を紹介されました。物静かな関西人のY氏、一級建築士です。社内でエキスパートデザイナーとして認定されています(パナホームのサイトにも載っています)。このYさんとは斜線規制や吹き抜け、エ
『建物配置と間取りの打ち合わせ①~設計Y氏の登場』の画像

↑このページのトップヘ