本日も型枠作業です。土曜日も午前で作業が終わった通り早めに作業が進捗しているようであり、今日は若い職人さん一人で作業を行なっていました。

立ち上がりの型枠内側に剥離剤を塗り、アンカーボルトを設置するためのガイド金具のようなものを設置しています。

剥離剤(離型剤と呼ぶようです)
IMG_6702

液体を塗るので型枠の内側の色が少し濃くなっています。
IMG_6698

型枠上部に金具を設置して行きます。丸い穴にアンカーボルトが刺さるようです。
IMG_6697
IMG_6701

今日見ていて気づいた点が一つ。型枠を固定するために使われているこちらの金具(セパレーターと呼ぶようです)、型枠とベースコンクリートの間に挟まれる形になりますが、立ち上がりのコンクリートを流し込んだ後もそのまま留置されるようです。ベースと立ち上がりの境目に金属が多数埋め込まれていることになりますが、基礎がこんな感じになっているとは知りませんでした。
IMG_6704
FullSizeRender