驚くことに新宿のパナソニックホームズにはCG担当が一人しかいないそうです。新宿には東京のほか埼玉や千葉等の拠点も入っているのでかなりの物件のCGを一人で捌いていることになります。
玄関の様子は下記の様な感じです。
IE_S201710000001_40_出力_4_新規アイテム03

高角表示になっているので画面の両端に行くほど歪みが出てしまっていますが、玄関土間が300mmの正方形のタイル(LIXILのアレルピュア・ジョイアストーン)、玄関ホールが400mmのタイル(LIXILのゼロスII)です。

来客用玄関とSICの間の間仕切り壁にはエコカラットを貼っています。当初玄関ホールの奥も同じエコカラットを貼るつもりでしたが、少し変化が無い表情になりそうだったことから奥の部分は壁をふかしてガラスのニッチカウンターとし、カウンターの奥にサンゲツの壁紙(エクセレクト)を貼っています。エクセレクトは色々種類と値段がありますが、今回は面積が狭いこともあるので思い切ってエコカラットより平米単価が高いものを採用しました。

下駄箱はパナソニックのフロート型の玄関収納で色はウォールナットを採用しています。なお、ニッチカウンター近くの天井部分に少し黒くなっている部分があると思います。エアロハスの噴出口です。噴出口のグリルは白なのですが、CGだとスリット奥の影が黒く見えているとのことで実際はどうなるでしょうか。

玄関奥から外を見るとこんな感じです。このCGでは見えませんが、玄関扉の左手にガレージに抜ける扉があります。最初は扉として勝手口を提案されましたが、味気ないのでLIXILのガゼリアというシリーズの扉を採用しました。高さがこのCGでは200cmのものを使っており、少し圧迫感があることから220cmのものに変えてもらうことにしました。
IE_S201710000001_40_出力_12_新規アイテム11


因みにガレージはこんな感じです。トランクルームの扉と、勝手口、FIX窓しかないので画像はのっぺりしています。左端が斜めに角を取っている形になっていますが、1F階段前のスペース(一番最初の画像のニッチカウンター右の階段前になります)を広げるために苦肉の策でこうしました。パナソニックホームズの壁はいわゆる斜めの壁は無いようですが、この程度であれば現場施工で対応してくれるとのことです。
IE_S201710000001_40_出力_5_新規アイテム04