結論としては以下の通りエコワンを選択したのですが、新しいもの好きというより珍しいもの好きなのかもしれません。建物のボリュームが現状より増えているのでエアロハスとエコワンで光熱費が今と同じレベル(エコジョーズと床暖房)になってくれればと淡い期待を持ってますが、さてどうなることやら。
エコジョーズ
・湯はガスで沸かす
・必要な時点で湯を沸かすため湯切れの心配はない
・貯湯タンクが無いため設備が非常にコンパクトで設置場所には困らない
・リンナイ製のエコジョーズはHEMSに対応している
・エネファームやエコキュートより光熱費はかかる
・パナホームでの導入コストは約30万円

エコワン
・湯は電気・ガスの両方で沸かす(簡単に言うとエコキュートとエコジョーズが両方ついているハイブリッド型)
・電気で沸かした湯をタンクに貯め、ガスで沸かしなおして給湯する
・ガスで湯を沸かせるため湯切れの心配はない
・エコジョーズに比べて電気を使うため電気代は増えるが、あらかじめ沸かした湯がタンクにあるためガスによる沸かしなおしのコストが安くなる(電気代の増加よりガス代の削減の方が大きいとのこと)
・これまで聞いたことが無く一番地味
・パナホームでの導入コストは約65万円

4つの機器を比べると以下のような感じでしょうか。

 

導入コスト

ランニングコスト

湯切れのリスク

設置スペース

エネファーム

×

エコキュート

×

エコジョーズ

×

エコワン


最終的にエコジョーズとエコワンで悩みました。単純計算ではエコワンとエコジョーズの導入コスト差額約35万円が給湯器の稼働期間(10年から15年くらい?)で回収できるかどうかがポイントになります。色々なサイトによるとエコワンとエコジョーズのランニングコスト差は4人家族で年間2~3万円程度と出ており微妙な差です。

家族のライフスタイルを考えると夜の入浴時に浴槽に湯を張る一方、朝もシャワーを結構使うこと、新しい家ではワイド浴槽にすることから使う湯量は少なくないとの判断をしています。夏のガス代は毎年かなり安く、それは水温が高い季節の給湯向けガス消費量が少ないからだと思います。エネルギー効率が一番優れるヒートポンプを使ってあらかじめ水温を上げ、ガスで沸かしなおすことでガス代がかなり下がればメリットがありそうです。

最終的には拙宅の場合は妻方の親戚にガス機器メーカーの関係者がおり、かなりエコワン推しであることに加え、パナホームの提示価格より少し安く導入できることもありエコワンにしました。