今日は坪単価について考察してみます。まず坪単価には色々な計算前提があると思います。拙宅の坪単価は以下のような感じになります(床面積はインナーガレージ込みの延床面積を利用)。

坪単価

1.全部込み(建物本体+工事経費+各種申請料+外構・エアコン・カーテン・照明+消費税):101万円/坪
2.建物本体+工事経費+消費税:91万円/坪
3.建物本体+工事経費:84万円/坪
ご覧の通り同じ「坪単価」と言っても随分幅があります。これにハウスメーカーが言うところの「施工床面積」も含めて考えると更に幅が出てきます(上記3.を拙宅の施工床面積で割ると70万円/坪となります)。

仕様

無論、仕様もかなり坪単価に影響します。拙宅でも「標準」(ラクシーナやオフローラ等)から外れていると考えられるものが、キッチン・風呂・洗面台・タイル等それなりにあり、これらの「標準」との差額コストを考えると仕様を抑えれば坪単価は5〜10万円は下がるものと思います(設備仕様とコストについては後日また触れたいと思います)。


体験談や実例は多くはないものの、色々なサイトでパナホームの坪単価は70~80万円とあったりしますが、仕様を抑え、インナーバルコニー等も含めややこしい間取りや3階建てを避けたりすれば税抜きベースでそのレンジの坪単価はHS工法でも達成可能な数字のように思います。

一方、施主側の心情として全て「標準」というのも味気ないですし、全館空調や床暖房、エレベーターや太陽光発電等を入れるとたちまち坪単価は上昇します。また、外構も全く考えなくていい家は殆ど無いと思います。

去年発売されたカサートプレミアムは公称約100万円の坪単価で少し話題になりましたが、Gさん的には「プレスで出て坪単価が独り歩きすると結構困るんですよ。正直あの値段では絶対に建たないです。」とのこと。

上記の通り何をベースに100万円なのかは確認する必要がありますが、確かにエアロハスを入れて外壁に石まで使って室内は全て標準ということもあり得ないと思いますので、100万円では建たないのでしょう。