最初の提案が出てきた後、営業Gさんと下記の打ち合わせをしました(無論丁寧語で伝えてはいますが)。ちなみにGさんは私より2学年若いようです。

外観:
ユ)見た目が非常に悪い。全体的にのっぺりした印象。こちらから出した図面で入れていた南西部の袖壁が無くなっている。デザインとしてもそうだが東南角地なので夏の日除けとしても必要。あと、3階はどうして一つ目小僧のような大きな窓にしたのか?あまりにもセンスが無さすぎると思うし、デザインとして変じゃない?
G)袖壁は再度検討します。3階の窓は火災の際に消防がガラスを割って中に入れるようにあのサイズになっています。デザインとしてどうかと言われればまあ変ではありますね・・・。
ユ)ガラスを割って中に入りたいのなら3階のバルコニーに掃き出し窓があるので、バルコニーに一度立ってそこから入る方が簡単なはず。むやみに空中で窓ガラスを割って飛び込まなくてもいいのでは?
G)それはそうですね。ちょっと設計と規制を含めて確認します。


空調:
ユ)全館空調に興味がある。最近発売を開始したエアロハスはカサートプレミアムだけの対応のようだが、どこか他のメーカーものでもいいので入れられるか?
G)実はエアロハスはカサートプレミアムだけでなくビューノHSでも採用可能なんです。エアロハス単体の導入コストは250万円程ですが、エアコンを入れるコストが減るのと換気システムは一緒なのでネットのコスト増は100万円程度ではないかと思います。但し、3階部分は対応していないので3階のサブリビングにはエアコンが必要で、2階から3階の吹き抜けは3階部分をガラスで仕切るなど今の間取りだと対応が必要になります。
※このエアロハス導入が後々間取りで大きな制約と苦労をもたらすことはこの時知る由もない・・・。なお、エアロハスがカサートプレミアム以外にも対応することは8月くらいに正式発表されたものの、現場ではこの時点で既に対応させていました。