モデルハウス訪問から10日程経った2017年6月下旬、一回目の間取り、パース図及び見積書(パナホームではいつも資金計画書という名前になっています)が出てきました。

1. 間取り
こちらで考えたものほぼそのままでした。知り合いの建築家に図面を見せたことがあり、「1種低層、高度地区、日影の各規制もクリアしているので構造さえ持てばほぼこのまま建ちそうですね。」と言われていたので前向きに捉えればそのまま採用された、もう少し捻って考えればプロからの良い提案が欲しかったというのが感想です。
あと、ポジティブに感じたのは素人が思いついたままに書いた間取り(LDKは結構な無柱空間になっており、おまけに吹き抜けまである)が実現できてしまうほど現代の建築技術は進歩しているという点です。なお、前面道路が少し傾斜しており、高さ測量が未済なので道路斜線や高度斜線で今後影響が出てくる可能性があるとのことでした。

2. 外観パース図
出てきたものはこちらです。

20180209_004412000_iOS

どうでしょう?「なかなかカッコ悪いのであまりこの家には住みたくないな」と率直に思ってしまいました。マイホームデザイナーは外観パース図も簡単に出力できるのでそれを最初から渡しても良かったのですが、何となく外観デザインは「プロに任せた方が良いのではないか」と思いあえて出しませんでした。手前味噌ですが、私が書いた外観よりかなりカッコ悪い気がします。

3. 見積もり
想定より15%くらい高く、値引きが中途半端な数字で最初から入っていました。詳細を見たところキラテックのコストと同額でした。まずはキラテックを無料でつけますという意思表示なのでしょう。Gさんの口ぶりからは交渉の余地はまだかなりあるように思えました。見積もりの前提となった主な仕様は下記です。ま、ど標準ですね。
外壁:キラテックタイル(LSスクエア)
窓:アルミ樹脂複合サッシ(Low-E)、一部窓電動シャッター
床材:リアライズウッド
キッチン:Lクラス
洗面台:シーライン
浴室:オフローラ
トイレ:アラウーノS2×2
給湯器:エコジョーズ
床暖房:あり(面積不明)

4. 坪単価
3階サブリビングにサブキッチン、1階にビルトインガレージがあり、2階に屋根で覆われているバルコニーもあるので所謂「坪単価」がどこまであてになるかわかりませんが、ブログで具体的な数字が書かれていることをあまり見ないような気がするのであえて書いておきます。設計料や各種申請手数料、外構工事、照明・カーテン等全て込みの金額にてパナホームが言うところの「施工床面積」ベースで約80万円、ビルトインガレージ等を除いた登記上記載されるであろう床面積ベースだと約120万円!の初回見積もりということになります。坪単価があまりネットで公開されていないのはどうしてなんでしょうね。