11月くらいから気になっていた階段吹き抜けの壁の亀裂が拡がってしまったので修繕をお願いしました。

この写真は壁紙を剥がした後ですが、ご覧の通り亀裂が入っています。亀裂が入っているといっても元々石膏ボードの継ぎ目部分なのでボードが途中からぱっくり割れているということではなさそうです。
IMG_1509

吹き抜け部分は縦長の石膏ボードの上に横長の幕板(石膏ボード)を上に重ね、更に縦長の石膏ボードを重ねるため施工具合によってはズレが生じるとのこと。

監督A氏によればこのズレを防止するためにはボードを固定しているビスを斜めに打っていくのが良いらしい(その場で大工に電話していました)のですが、そうだったら最初からそうしてくれよ〜いうのが正直なところです。

今日は大工さんはいなかったのでどうするのか眺めていたところ、何と監督A氏が自らインパクトを使ってビスを斜めに打ち始めました。当初私から「斜めに打つのはそれなりに難しいだろうから大工がいない今日『素人』がやっても大丈夫ですか?」と確認したのですが、A氏が自らやるとのこと。素人呼ばわりしてちょっとプライドを傷つけてしまったかもしれませんがA氏の本格的な大工仕事は初めて見る気がします。
IMG_1516

まだ亀裂部分は残っていますが、一部の作業は終えたので壁紙の糊が乾いてどう仕上がるか確認したいと思います。