2週間ほど前に分電盤の中のCT設置を終え、発電量の表示・計測が正確にできるようになりました。今年は12月後半からここまで東京では晴天の日が続いているので順調に発電しています。
iPhoneのHEMSアプリで電力収支を表示させたものです。拙宅は5.5kWの太陽光パネルが載っていますが、冬の間は0.5kW分のパネルに結構影がかかるため、実質5.0kWと考えていいかもしれません。
IMG_1424

今の時期晴天の日で一日最大18.2kWh、数日前の曇りの日で10kWhほど、CT設置後雨は降っていないので雨の日の発電量は不明です。一日中晴天の日は時間当たりの発電量は正規分布のようなきれいなグラフ、曇りの日はつぶれたようなグラフになります(下写真の茶色い折れ線が発電量)。
IMG_1426IMG_1425

拙宅の場合は夏と冬は全消費電力に占めるエアロハスの割合が突出するのですが、夏は昼にエアロハスの稼働が高まり太陽光の発電ピークと一致しますが、冬の場合はそうもいきません。そのため夜中にエアロハスがセーブ運転モードとなるよう設置し、できるだけ買電が少なくなるようにしています。
上の写真ではセーブモード中の20時から3時辺りまでは電力消費が小さく、通常モードとなる直前の6・7時がピークとなり、その後もう一度セーブモードとなるため夕方辺りまでエアロハスの稼働が少し緩やかになります。

さて、初回点検時に不具合があった3階吹抜け部の内窓の修繕を昨日行いました。担当はアフターサービスの人で、この家の建築に関わった人ではありません。金属部品を削って微調整を行ったため思ったよりは時間がかかりましたが、無事完了です。あと何点か不具合がありますので対応待ちです。
IMG_1421