先週2カ月以上ぶりに朝からブログを更新していると10時くらいに玄関のチャイムが鳴りました。インターホンのモニターには監督A氏が映っていました。

「ご依頼の修繕に来ました。」とのこと。メールで私から「今週の土曜日はどうですか?」と確認していたのですが、返事が無かったので今週はないものと思っていたのですが・・・。「返事をしたと思うのですが、ひょっとしたらしていなかったかもしれません。」とA氏。

3階のサブリビングのこまごましたところの修繕が残っていたので対応してもらいました。監督A氏の他工事の際にお世話になった職人さん3人です(電気屋さん、クロス屋さんとおしゃべりな「その他工事」のMさん)。

このMさんは、以前私に正面からブログの存在を指摘した人で、今回も監督A氏の前で「もうブログは更新しないんですか?」と聞いてきました。パナソニックホームズのブログはそんなに多くないのでまあ職員や職人はネットで検索くらいはしていますよね。

今回一番ややこしいかった作業は引掛けシーリングの位置の移動です。左側の引掛けシーリングを右に40cm程移動します(壁かけテレビの中心くらいの位置へ)。
IMG_1144

まず、移動後の位置に穴を開け、針金を突っ込んで天井裏でコードを引掛けて引き出す作業を行います。格闘しますが断熱材が分厚い上、軽天が邪魔をしてなかなか引っ掛かりません。電気屋さんが到着前する前、「電気屋さん、ああ見えて結構キレたら怖いんですよ。」とおしゃべりなM氏。物静かな電気屋さんなので想像できなかったのですが、この作業ではそれなりにイライラしたのか少し片鱗が出ていました・・・。10分程格闘し、見事コードが出てきました。
IMG_1146

その後、クロス屋さんが元の位置にあった穴を修繕し、最後に監督A氏とM氏が照明器具を取り付け作業完了です。
IMG_1148

室内の竣工時からの要修繕項目はこれで対応完了です。室外ではシャッターに傷が最初からあるのでそこの修理が残っていますが、程なく終わるでしょう。ここまで引き渡し後3カ月くらいかかっていますが、3階は殆ど使っていないですし、機能的にも問題ないので不思議とあまり気にならなかったです。「時間ができたらそのうち来てくれるんだろう。」という感じで流していたので、これが標準的な対応時間なのかどうかは不明です。おそらく強くお願いすれば早く対応してもらえた気もします。